ついにオープン!墨田区で二園目の「ちゃのま保育園」両国駅前園! | 「ちゃのま保育園」墨田区のお母さんがつくる、お母さんのための保育園

What's New ちゃのま保育園の最新のお知らせ

ついにオープン!墨田区で二園目の「ちゃのま保育園」両国駅前園!

こんにちは。

ちゃのま保育園、広報担当の小林です。

現在ちゃのま保育園は、墨田区横川という場所で、小規模認可保育園を運営していますが、
立ち上げから丸5年、このほど、墨田区両国に二園目をオープンさせる運びとなりました!

そこで広報ブログ1発目の今回は、新しくオープンとなる両国駅前園オープンに向けた
宮村代表の思いや、両国園周辺の魅力的なスポットの紹介などを数回に分けてご紹介
したいと思います。

両国駅前園

両国駅前園は、わかりやすい角地にあります。

 

二園目(両国園)オープンの理由

きっかけは、2019年7月、二人の保育士が産休に入ったことでした。
横川の本園を設立して5年、これまでなんと1人も保育士がやめないという奇跡の運営を
続けているちゃのま保育園ですが、今回産休に入った二人の保育士も、産休明けには
ぜひまたこの保育園に戻ってきたいと意欲満々。

一方、産休で抜けてしまう二人分の負担は、新しい保育士で補填しないといけません。
戻ってくる意思のある保育士のことを思えば、その間のスタッフは臨時職員に任せ、
産休明けの保育士が戻れる場所を再び作ってあげたいところ。

しかし、ただでさえ人材不足の保育業界で、臨時職員の募集では、応募者の数は期待薄。。
かといって、正職員を補填してしまうと、今度は産休明けの二人が戻れる場所がなくなって
しまう。

そこで悩みに悩んだ結果、二園目の設立という結論にたどりつくのでした。


両国駅前園、設立までの困難

二園目設立にあたり、一番大きく立ちはだかった困難は、何と言っても物件探しでした。
保育園の設立には、最低でも3つの基準をクリアした物件が必要です。

①二方向避難があること
②耐火建物であること
③検査済証があること

検査済証とは、建築基準法に則り、違反建築ではないことを証明する書類のこと。
一見、こんなに大事な書類なのですが、平成11年以前は検査済証の交付を受けなくても
問題となりにくい土壌があったため、約半数以上の物件でこの検査済証がない実情があります。

①の二方向避難(表だけでなく、裏手にも避難経路がある)をクリアしている物件
だけでも見つかれば奇跡的な現状、やっと見つけた良物件もこの検査済証がない
おかげで、泣く泣くあきらめざるを得ない状況が、今回も数え切れないほどありました。

遡ること5年前、横川のちゃのま本園設立の際も、この検査済証の問題に悩まされました
が、時を経て今回は、比較にならないほど多くこの問題に出くわしたそうです。

そんな中、両国駅前のベストな物件を見つけてきてくれたのは、
ちゃのま保育園で毎日地域を回っている保育士の皆さんでした。
通勤中や、子どもたちのお散歩の途中、仕事終わりなど、こまめに時間を見つけては、
二園目の誕生という、ちょっとワクワクする未来のために奔走してくれたのでした。

両国駅前園の入り口。

まだ工事中の様子ですが、ウッド調の暖かい雰囲気が伝わってきます。


「ちゃのま保育園」品質を保つ仕組み

ちゃのま保育園の魅力は、何と言っても5年間積み重ねてきた保育士の経験とノウハウ。
新しい園をつくって、1園目と同じように保育の品質を保つことができるかどうかが、
二園目をオープンするか最後まで悩んだもっとも大きな課題でした。

その課題をクリアすべく、導き出した答えが、新旧メンバーの構成比率だったのです。
飲食店などでは、オープニングスタッフがほぼ新人というケースも多く見られますが、
子どもの命を預かる保育園では、そうはいきません。

また、単純にベテランと新人を組み合わせるだけでもダメ、単にベテラン同士なら良い
というわけでもなく、同じベテランでも、この人とこの人が組み合わさるからうまくいく
という人間同士の相性の問題も、かなり大きなウェイトを占めているというのです。

そこで宮村代表は、そうした保育士同士の相性も含めて、人員配置の組み合わせを、
現場の長い管理職の保育士たちと一緒に、何度も議論を重ねて決めていくことにしました。

その結果、トップだけが一方的に選ぶやり方では決して導き出せなかった、現場ならでは
のメンバー配置が完成したのです。

横川の本園は9人、うち新人は4人。新しい両国駅前園は6人、うち新人は2人。
すでにチームが仕上がっていて、人数も多い本園にはより多くの新人を配置して、
これからの数年間で、ゆっくりとちゃのまイズムを共有していく。

対して場所も預かる子ども達も新しい両国駅前園には、ちゃのま勤務歴の長い
保育士を中心に、多くのベテランメンバーを配置し、今日からでもすぐに
ちゃのま保育園らしい保育が実現できるようにしました。


私が両国駅前園を見学したときは、まだまだ中身も改装途中でしたが、
2020年4月1日のオープンに向けて、今はきっと内装もほぼ完成形に違いありません。

これから始まる新しいちゃのま保育園。
オープン後の子どもたちの笑顔が、今からとても楽しみですね!

次回はなかなか見られない、絶賛改装中の両国駅前園の様子を写真付きでお届けします!

開園時は、こちらにきれいな看板がついている、、はず!