オープン間近!「両国駅前園」制作風景の巻! | 「ちゃのま保育園」墨田区のお母さんがつくる、お母さんのための保育園

What's New ちゃのま保育園の最新のお知らせ

オープン間近!「両国駅前園」制作風景の巻!

こんにちは。ちゃのま保育園、広報担当の小林です。

前回は、ちゃのま保育園「両国駅前園」設立の思いや、
設立に至るまでの苦労話などをお伝えさせていただきました!

前回のブログはこちら。

さて今回は、「両国駅前園」の制作風景を、たくさんの
写真とともにご覧いただきたいと思います。

ちゃのま保育園

両国駅前園は、マンションの1階部分にあります。
保育園にはまだ看板もなく、保育園らしい特徴もまだないので、
物件を見ようとすると、どうしてもマンションの高さが目に入ってきます。

もともと携帯電話ショップだったというその立地は、目の前に大きな道路、
となりにもいくつかの店舗が並び、昼間の周囲はわりと賑やかな雰囲気。


ちゃのま保育園

中に入ると、工事中の風景がざっと目の前に広がります。
内装も家具もなく、当たり前ですが先生も子どもたちもまだいないので、
漠然とした空間だけがそこにある、という感じです。


ちゃのま保育園

子どもたちのために、手作りのテーブルが!
と思ったら、これ、どうやら大工さんたちの作業台らしく(笑

本来はただの板でもいいのでしょうけれど、さすが職人さんと言うべきか、
ダイヤ型のちょっとした細工が、とてもおしゃれに見えます。
重い資材にも耐えられる、特別な構造なのでしょうか。

とにかく渋い、アンティーク家具のようです。


ちゃのま保育園

保育園の奥から見た風景です。
天気の良い日でしたが、それを差し引いても目の前が開けているため、
明るい光がさんさんと差し込む、日当たりの良い立地ですね。


ちゃのま保育園
ちゃのま保育園

作業台もさることながら、

道具も美しく並べられています。

 

ちゃのま保育園

ちゃのま保育園

製作中の園内を、注意深くチェックする宮村代表。
「ここがキッチンで、ここが先生たちの休憩室で、、」と、仕切りで区切られた部屋の使い方を念入りに確認していきます。

 

ちゃのま保育園

入り口には、木で丁寧に作られた階段。
無垢のまま使われるのか、シートを貼って仕上げるのか、
ますます完成が楽しみになってきますね!

いかがだったでしょうか。
次回は保育園周辺の施設やお店についてご紹介します!

オープン間近!「両国駅前園」制作風景の巻!